ビジネスクラスで行く 大人の世界一周 とSFC修行

子育て終えた49歳。体力・気力・知力に自信がないけど、世界一周に出ます

TURKISH AIRLINES BUSINESS CLASSターキッシュエアラインズ・ビジネスクラスのイスタンブール空港体験

6時間半もラウンジに滞在できるのか?

イスタンブールに3泊した後メキシコへ行きます。

フライトは20:55発。

なので、ホテルをチェックアウトした後もまだまだ観光できるんですが、その元気がなくて…早めに空港に向かうことにしました。

ホテルをチェックアウトした後、荷物をホテルに預けて少しイスティクラル通りをブラブラしました。その後havaistのバスで空港に向かい、13時には到着しました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118191742j:plain

「PRIORITY ENTRANCE」なるものを発見。ここから入っていいのかな?ビジネスクラスだし。おそるおそる、入ってみました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118193808j:plain

エントランスから中に入るとカウンターがあり、スタッフがビジネスクラスの客かの確認します。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118194408j:plain

ここを過ぎると、まず荷物検査があります。チェックインカウンターはその先です。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118195346j:plain

ビジネス専用のチェックインカウンターが立派すぎて…ちょっとドキドキ(〃ω〃)

この入り口でも、ビジネスクラスかを確認されました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118195724j:plain

わあ〜立派。一体いくつカウンターがあるんだろう…。

20:55のフライトなのに、まだ13:15です。早く来すぎて恥ずかしいけど、ここでビジネスクラスのボーディング・パスをもらいます。これがあればラウンジに入れます(*´∇`*)

ちなみに私の手続きをしてくれた男性は「チェックイン早過ぎる」とは言わず「ラウンジ楽しめるね」と言ってくれました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118200315j:plain

チェックインカウンターの一角にはソファも置かれています

ここを出るとスポートコントロールと2回目の荷物検査です。FAST TRACKファストトラックが使えます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118200920j:plain

イスタンブール空港では、ターキッシュのビジネスクラスはいろいろ優遇されてます。

パスポートコントロールも荷物検査も空いてるし、とにかくピカピカ。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118201500j:plain

出国エリアに出ると、お店がたくさんあるしキラキラしていて楽しいです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118201631j:plain

時間つぶせます。見るものたくさん。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118202355j:plain

ほんとキラキラしてます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118201805j:plain

両替所にフードコート

ラウンジに行くのが早過ぎると思ったので(なんか恥ずかしい…)、30分ほどぶらぶらしてから向かいました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118202423j:plain

ここがラウンジの入り口です。ここの他に、エレベーターで入るエントランスもありました。

この写真のスタッフの方に確認しましたが、このラウンジはターキッシュエアラインズのビジネスクラス利用者のみのラウンジで、スターアライアンスの上級会員でも入れないそうです。スターアライアンスの上級会員は他のラウンジを案内する、とおっしゃってました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118202951j:plain
エスカレーターを上がるとこんな感じ。左のカウンターでチケットを確認されるのかと思いましたが、スルー。セルフでゲートを通るシステムでした。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118203017j:plain

音が鳴ります♩

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118203240j:plain

入って右に行くと食事コーナー。左に行くとロッカー(すごくステキです!)やコンシェルジェの方がいます。

 

これは、すごい…( ゚д゚)世界一のビジネスラウンジ!?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118204519j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191119094454j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191119094536j:plain

 

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118204738j:plainとにかく広くて広くて…まだまだ先に続くんですが一度に紹介できません。

とりあえず前菜、スープのコーナーを。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118210715j:plain

前菜コーナー

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118210749j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211113j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211147j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211321j:plain

ヤプラクドルマスがある(*´∇`*)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211412j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211513j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211656j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211804j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211834j:plain

前菜だけでも食べきれませんよね。すごい。補充も頻繁にされてます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118212432j:plain

 

次はスープコーナー

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118211920j:plain

奥の右がスープコーナー

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118212203j:plain

スープは2種類あってどちらも美味しそう!

レンズ豆のスープとマッシュルームのスープです。両方いただきます(*´꒳`*)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118212645j:plain

フタを開けると、ふうう〜美味しそう!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118212837j:plain

アイランも取り放題。アイランは塩味のヨーグルトで、トルコの国民ドリンクです。

飲んでみたかったので、嬉しい!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118212906j:plain

いただきま〜す!

前菜、スープ、アイラン。これが1食目になります。
スープは美味しすぎてお代わりしました!飲んでみたかったアイランは、う〜ん、しょっぱいヨーグルトに飲み慣れてない日本人には合わないかな?

 

お腹がふくれたらスイーツですよね。次はスイーツコーナーです(*´∇`*)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214300j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214357j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214501j:plain

トルコ菓子が盛りだくさん!バクラヴァも食べ放題!
でもさらに、洋菓子のコーナーもあります。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214712j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214823j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118214914j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118215001j:plain

美味しそう(>人<;)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118215044j:plain

homemade lemonade raspberryホームメイドレモネード、ラスベリー味

全部味見したいけど、無理なので…こんな感じ。飲み物もスイーツも少しづつ…

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118215502j:plain


こういう感じで私のラウンジ体験がスタートしたんですが、実は6時間半でも足りないくらいでした。その秘密はロッカーにあり!?

次の記事でロッカーを紹介します(๑╹ω╹๑ )


 

トルコのジュース屋さんめぐり

トルコのジュース屋

トルコに着いて、初めてイスティクラル通りを歩いた時に見つけたジュース屋さん。
生のフルーツをたくさん並べてる様子を見て、これは美味しそう、と1杯オレンジジュースを頼みました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118090915j:plain

ジュース屋のおじさんは手動の機械でせっせ、せっせとオレンジを搾り、入れてくれます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118094719j:plain

おじさんが機械を押すと、ドバーッと果汁が搾れます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118094739j:plain

コップいっぱいになるまで、オレンジを入れ替えて搾ります

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118091040j:plain

トルコリラ。140円くらい

美味しい!

搾りたてのジュースを飲みながら私は、「トルコにいる間できるだけ生のフルーツジュースを飲もう!」と決めました。

 

トルコのジュース屋

次に飲んだのは、トプカピ宮殿へ向かう途中にあった売店のジュース。

ここは半手動の機械で、おじさんが入れてくれました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118091444j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118091527j:plain

ここも7トルコリラでした

トルコのジュース屋

トプカピ宮殿の中にもジュース屋さんがありました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118111653j:plain

トプカピ宮殿の美しい天井

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118092127j:plain

ここは観光地価格で、オレンジジュースが1杯25トルコリラ(500円)もするので、飲みませんでした。高っ!街中のジュース屋さんの3倍〜4倍です。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118092501j:plain

値段表

トルコのジュース屋

タクシムからドルマバフチェ宮殿方面へ向かう時、フニキュレルという乗り物に乗ります。その駅にある売店でも生のフルーツジュースが売られていました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118111836j:plain

フニキュレルは地下ケーブルと言われる乗り物です

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118093919j:plain

ここのジュースは完全に機械が搾ってくれます。味は手動と変わらず美味しいです。値段は6トルコリラ(120円)。

特筆すべきは、ペットボトルに入れてくれること!持ち帰れるので重宝しました。

ホテルの冷蔵庫に冷やしておけるので、何度も買いに来ました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118094000j:plain

ペットボトルは便利です!

トルコのジュース屋さん

一度ザクロジュースを飲みたかったんですが、売っていないお店が多いです。

ザクロの看板出してるのに「ない」と言われたり…。でも、トルコ最終日に何とか飲めました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118111135j:plain

イスティクラル通りです

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118111238j:plain

Sサイズで7トルコリラ(140円)

ザクロのジュースは酸っぱかったです。
やっぱりオレンジがイチオシでしょうか(๑╹ω╹๑ )

 

イスタンブール観光

①トプカピ宮殿

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118112113j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118112225j:plain

ここはハーレムです

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118112315j:plain

トプカピから見えるボスボラス海峡

アヤソフィア

工事中だったため、少し残念な状態でした

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118112912j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118112951j:plain

服装チェックが厳しい

この看板の❌印に該当する人は入れてもらえません。

そのため、スカーフのない女性や足の見える服装の人などは、大きなショールや下半身に巻く黒い布などを借りてから入場します。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118113742j:plain

無料で借りられます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191119105122j:plain

こんな感じで髪を隠します

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191119105222j:plain

男性も足を見せないよう布を巻きます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118113950j:plain

内部はこんな感じ

 

③地下宮殿

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118114203j:plain

はい、こんな感じ

ドルマバフチェ宮殿

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118114419j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118114515j:plain

この宮殿はすごく豪華でした。イチオシ!

ちなみに写真撮影は一応禁止されてます(みんな頑張って撮影してますが)。撮影するとスタッフの方が本気で怒りに来ます。

 すごく豪華で素敵な部屋がたくさんあって、いろいろ撮影したかったです!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118114833j:plain

この宮殿にもハーレムがありました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118114920j:plain

トプカピよりこちらの方がずっと豪華

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191118115007j:plain

 イスタンブール観光は、駆け足の紹介ですみません。

世界一周4カ国目になると、観光がしんどくなってきました。というか、体も気持ちもつらくなってきて、あんまり観光を頑張れない…。

 

本当は、せっかくトルコまで行くんだからカッパドキアとか有名な観光地まで行くべきか悩んだんですが、イスタンブールだけにしておいてよかったです。

 

次の記事は、空港のラウンジ編にいきま〜す

トルコの大衆食堂ロカンタを攻める! 高橋由佳利先生に捧げます


Lokantaロカンタ 「Hayvore」

トルコで私も考えた」シリーズを全て読んできた私にとっては、トルコでトルコ料理を食べるのは長年の夢でした(-᷅_-᷄๑)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116114601j:plain

1巻は1996年12月21日発行です。連載は今も続いています。

どこで食べるのがいいのか考えたら、一人旅ならロカンタで食べるのが良さそう。ロカンタでは出来上がってる料理が並んでるので、指をさして注文するのができそうだし。そこで、イスティクラル通りに近いロカンタに行ってみました。

一軒目は「Hayvore」。ネットのおすすめ情報で見つけました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116123807j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116151932j:plain

きれいな店内

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116124138j:plain

いろんな料理が並んでいます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116124327j:plain

スープ飲みたいけど、きっとお腹がふくれてしまう

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116124714j:plain

デザートもあります

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116152641j:plain

奥にはサラダコーナーと飲み物が

 いろんな料理を食べてみたいけど、1人ではあまり食べれない。

かなり考えて料理を選びました。厳選した料理がこれです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116205626j:plain


トルコ語しか通じなかったので、指差しとジェスチャーで注文しました。

指差した料理は、店員さんが私のテーブルにパンと一緒に持ってきてくれます。パンは無料のようです。

 

右奥のお皿は「ヤプラクドルマス」という料理ですが、指を差すとお皿に山盛り一杯盛られたので「無理無理!!(゚д゚lll)」とジェスチャーして減らしてもらいました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116225632j:plain

お皿に山盛りから2個に減りました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191116210607j:plain

中はこんな感じ

「ヤプラクドルマス」 が美味しくて美味しくて感激しました!お皿山盛りでよかった…と後悔しました(>人<;)

まわりの葉っぱはブドウの葉です。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117111758j:plain

トルコで私も考えた 21世紀編」より

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117111856j:plain

作り方も、手間がかかっているようです

 次に美味しかったのは、「ピラウ」という油と塩で味付けして炊くごはんです。

塩と油の加減が絶妙で、一皿ぺろっと食べてしまいました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010657j:plain

すんごく美味しいんです!

 ところで、何か飲み物を頼もうと思いましたがロカンタはお酒は置いてないのが普通です。テーブルに置いてあるミネラルウォーターは有料らしい。

せっかくなので、変わった飲み物を頼もうと思って、不思議な色合いの飲み物を選びました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117112241j:plain

こんな色ですが、ブドウの味は一切しません

「Very spicyとても辛い」と言われたその飲み物は、ドクターペッパーを10倍くらい濃くしたような味に唐辛子を加えたようなものでした。きつかった…(O_O)

 

お会計は、最後にレジで支払います。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117112829j:plain

クレジットカード使えます

ショーケースには料理名も値段も何も表示されてなかったので「いくらになるんだろう」と、ドキドキしましたが、25.5トルコリラでした。

1TLが20円くらいとして、510円?うわ〜、リーズナブル!(๑╹ω╹๑ )

 

2軒目のロカンタ「BALKAN LOKANTASI」

他のロカンタも、ネットで見つけました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117004222j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117004340j:plain

店内はこんな感じ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117004437j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117004519j:plain

Hayvoreで懲りたので、今度は無難なソーダにしました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117005223j:plain

こういうラインナップになりました!

左のお皿はチキンです。おいしかったです。右は「ビベル・ドルマス」というピーマンにピラフを詰めて煮た料理です。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010134j:plain

ちょっと中のお米の味付けがぼんやりしてました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117113336j:plain

トルコで私も考えた」2巻より

「ヤプラクドルマス」は今回は多めにしたんですが、Hayvoreの方が美味しかったです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117005323j:plain

中にはいってるお米の味付けが大事!

合計22.5トルコリラでした。450円くらい。

 

もう一度「Hayvore」へ

どうしてもあの味をもう一度食べたくて、2度目の「hayvore」訪問です。

ところが、なんと「ヤプラクドルマス」がなかった…Σ(゚д゚lll)え、料理は日替わり?

ほとんど違う料理になっていました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010303j:plain

2度目のラインナップ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010456j:plain

肉じゃがのように見えますが

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010527j:plain

食べていくと、中には野菜がたっぷり!

この肉じゃがのような料理、意外と高かった。30トルコリラ(600円くらい)しました。
ピロウはあったので注文しましたが、前と味が違った…!Σ(゚д゚lll)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010657j:plain

前はめちゃめちゃ美味しかった…

米が固い!味も前と違う!料理人も交代してるの??

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117010820j:plain

パンは美味しい〜(*´꒳`*)

ピロウは8トルコリラ(160円)で、合計38トルコリラでした。パンはすごく美味しいのに無料って嬉しいです。 

トルコ語も話せないアジア系の女性が1人でロカンタくるのは珍しいのか、1度目に来た時はテーブルサービスしてくれる若い男の子がよそよそしい態度でした。でも2度目は私を覚えていて、少し優しく(?)してくれたような…。

 

料理は日によって当たり外れがあるかもしれません。でもこのロカンタには、もう一度行きたいです!

 

 高橋由佳利先生と私

トルコの文化を私に色々教えてくださった高橋由佳利先生は、神戸でトルコ料理のお店をご主人と開いておられました。

仕事で神戸に行った時お店に行ってみたら、由佳利先生がいらっしゃいました!

感激しつつも、普通の客を装ってモクモクとランチを食べてたんですが、会計の時に思わず感極まって「ずっとファンでした!」と由佳利先生の手を握ってしまいました。危ないヤツやん…

 

研修のためスーツ姿で黒い鞄を持っていた私は、ランチに立ち寄った普通の社会人に見えてたらしく「ファンです、と急に言われてびっくりした」と言われました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117115303j:plain

サインは、研修のテキストの白紙のページに書いていただきました

由佳利先生、とうとう私トルコに来ましたよ!

 

 

 

Ayramin Hotel アイラミンホテル と Istiklal Streetイスティクラル通り

アイラミンホテルの「おもてなし」

イスタンブールのホテルも、ホテルサイトの口コミを検討して決めました。

アイラミンホテルは口コミがいいし、イスティクラル通りから細い通りに入ってすぐという立地の良さで決めました。朝食つき3泊で税込150ユーロ。1泊6,000円です。Booking.comで予約しました。

 このホテルはハマムという大きなトルコ風のお風呂のついた部屋もリーズナブルに泊まれるらしいですが、私はシンプルな部屋にしました( ・∇・)
f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115141455j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115142114j:plain

広くはないですが、おしゃれできれいです。

コンパクトに必要なものがそろっています。備品が多くて驚きました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115153017j:plain

海外のホテルで歯ブラシ置いてるなんて!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115153201j:plain

wet tissueウェットティッシュまである!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115175350j:plain

バスルーム

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115175417j:plain

電気ケトルがあるので便利です

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115175453j:plain

冷蔵庫には無料の水が2本入っています

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115175540j:plain

クローゼットの中に、金庫やアイロンがあります

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115143125j:plain

1階ロビー。こじんまりしてます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115143202j:plain

ウォーターサーバーが置いてあって便利です

チェックインの時、アイラミンホテルのオーナーの奥様は日本人だと聞きました。

ホテルの備品の心配りが行き届いてるのは、そのせいでしょうか。他にも、このホテルのサービスの一つとしてSNACK TIME軽食サービスがあります。

1階レストランで17〜22時の間、軽食や飲み物が用意されています。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115143806j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115150838j:plain

わあ、けっこう色々並んでます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115144008j:plain

手前はフルーツ、奥は甘〜いスイーツ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115144133j:plain

コーヒーとフルーツをいただきました

 色々食べて見たかったですが、ここで食べてしまうと、もう何も入らない…がまんがまん(-᷅_-᷄๑)

 

アイラミンホテルの朝食Breakfast

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115155743j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115151357j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115144447j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115144517j:plain

オリーブがたくさん

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115155303j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115155330j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115155444j:plain

チーズやオリーブ、美味しいです

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115155937j:plain

スイーツがたくさんあります

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115160900j:plain

baklavaバクラヴァもあります!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115161029j:plain

朝からスイーツいただきます(*´꒳`*)

スイーツの中では、トルコの伝統菓子バクラヴァが一番美味しかったです。
バクラヴァといえば、「トルコで私も考えた」の高橋由佳利先生のご主人(トルコ人)が日本に滞在中どうしても食べたくなったという、トルコ人にとっては欠かせないお菓子( ・∇・)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191117233455j:plain

トルコで私も考えた」2巻より

パイ生地の中に、刻んだクルミやピスタチオがたっぷり入っていて美味しいです(*´꒳`*)

3日間、毎朝食べました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115170410j:plain

チャイもいただけます

ホテルの朝食やSNACK TIMEで色々トルコ料理をいただけるのでありがたいです。

 

イスティクラル通りIstiklal Street

ホテルからは、2〜3分でイスティクラル通りに出れます。

イスティクラル通りは、日本でいう新宿みたいなところでしょうか。人がいっぱいで、夜中まで賑やかな感じです。

人通りが多いのに、イスティクラル通りには電車が通ります。一度、線路上にベビーカーが止まってるのに電車が近づいてきて、驚きました!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115171221j:plain

危ない!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115172021j:plain

大丈夫でした!

こういうの普通なの?

私は慌てましたが、当事者も含めて誰も慌ててません…

 

ところで、イスティクラル通りを初めて歩いた時目を奪われたトルコ菓子のお店。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115120619j:plain

おじさんマークの看板がかかってるんですが、イスタンブールのあちこちでこの看板を見ました。有名店なのでしょうか?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115180422j:plain

店内に入ってみました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115180452j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115180514j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115180634j:plain

こういうお菓子も販売されてます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115180703j:plain

店内のカフェでいただけるスイーツ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115181708j:plain

どれも美味しそう…・(ノД`)・゜

トルコのお菓子って、本当に見た目も美しいし美味しそう。見てるだけでうっとり…

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115182024j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115182048j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115182205j:plainイスティクラル通り周辺にもたくさん魅力的な通りがあって、どこを歩いても楽しいです。どこまでもにぎやかにお店があって、飽きないです(๑╹ω╹๑ )

Istanbul Airport イスタンブール新空港 からTaksimタクシムへ

イスタンブール新空港

トルコの玄関となるイスタンブール新空港は、2019年4月より本格的に始動し始めました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114215406j:plain

きれいで大きくて、圧倒されました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114215841j:plain

到着したゲートからパスポートコントロールに向かうまで、遠い…。本当に広いです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114220058j:plain

空港が大きすぎて、人がまばら…?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114220529j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114221016j:plain

パスポートコントロールもきれいです。そして空いてました。

そこからまた、広い通路をひたすら歩いてバゲージクレイムに出ます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114221330j:plain

バゲージクレイムの場所にDUTY FREEの店がたくさんありました。

ここには両替所もいくつかあるので、ここでトルコリラを入手しました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115110146j:plain

空港の両替所は少しレートが悪いかも。ここは0.0438だったので1万円が438トルコリラになりましたが、街中の両替所では同じ日に0.05でした。そこで両替すれば500トルコリラになりました。f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114221526j:plain

それにしても、きれいで立派です。圧倒されます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114222032j:plain

Arrival lobby

到着ロビーの標識を頼りにバス乗り場に向かいます。
初めてのトルコ、それに新しい空港の情報はあまりなかったので不安でホテルに送迎を頼んでみました。でも料金がとても高かった!なので、自力でホテルに向かうことにしました。地下鉄はまだ通ってなくて(近々?開通予定)、バスが街に出るリーズナブルな手段です。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114222437j:plain

トランクを乗せやすいエスカレーターで下に降りていって、バスの乗り場に着きます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191114222549j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115085122j:plain

 2019年7月に発行された「地球の歩き方トルコ」を買って、必要なページをちぎって持参しました。

そこに載っていた記事の通り「havaist」というバスに乗って、Taksimタクシム方面に行くことにします。片道18トルコリラ(360円くらい)です。

切符売り場で、まずイスタンブールカードを購入しました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115111015j:plain

イスタンブールカード

イスタンブールカードは、ほとんどの公共交通機関で使用できる便利なプリペイドカードです。現金で切符を買うよりも運賃が安くなるので、もちろん購入します。とりあえず50トルコリラをチャージしました。

バス乗り場の有人窓口では現金しか使えませんでした。自販機ではクレジットカードが使えるようです。f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115085307j:plain

 タクシムへ向かうバスの中。タクシム行きはほぼ満席。

トルコという国の様子がよく分からないので、けっこうドキドキしてます。

 「地球の歩き方」によると新空港からタクシムまではhavaistのバスで95分かかると書いてました。他のネットの情報でも90分と書いてるのがあったのでそう信じていたら45分で着きました。え!?早くない?

びっくりして周りの人に「ここがタクシム??」と確認しましたが、ここが終点のタクシムです。

道が空いていたかもしれませんが、95分てどういう情報?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115114609j:plain

左の一番下の「所要約95分」…他のページにも95分と記載されてます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115115105j:plain

バスは無事にタクシムに着いたようですが、目印となるタクシム広場が見当たらず「ここはどこ?」って感じです。

少し歩いて回りましたが、広場らしきものが見えません。Wi-Fiがないので、ああ…と落ち込みます(>人<;)

遠くに見えるグランド・ハイアットを目印にして地図を見ながら、自分の場所を特定しました。あとは地元の人に聞きこみもしながら、タクシム広場までなんとか着きました。

そこからイスティクラル通りに入ります。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115120004j:plain

Istiklal Street

わあ〜にぎやかで楽しそうな通り( ・∇・)

道が分からなくて落ち込んでた気持ちも明るくなりました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115120619j:plain

なに、このキラキラしたお店!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115120736j:plain

トルコのお菓子?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115120940j:plain

トルコ菓子?のお店があちこちにあります

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115121151j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191115121307j:plain

思わず立ち止まって見てしまいます。

素敵なお菓子がたくさん並んだショーウインドウを見てると、初めてのトルコで不安になってた気持ちが落ち着きました。

よし、イスタンブール観光がんばろう(๑╹ω╹๑ )

TURKISH AIRLINES BUSINESS CLASS ターキッシュエアラインズ・ビジネスクラス 短距離路線編

憧れのターキッシュエアラインズ

やっと乗れるんだ!ドキドキしました(*´꒳`*)

ローマを11:25に出発し、イスタンブールに14:55に到着します。

1時間の時差があるので、飛行時間は2時間30分と短いです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113150335j:plain

席に案内されてすぐに、レモネードをいただきました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113151440j:plain

シートは広々してます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113151706j:plain

むしろ広すぎて、モニターが遠い…

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113151828j:plain

2時間30分の飛行時間なのに、立派なメニュー

飛行機に乗って最初に出てきた飲み物はレモネード。ガラスの容器に生のレモンやミントの葉まで入ってる!テンション上がりました。

ANAは羽田〜ロンドン間でもプラスティックの容器にオレンジジュースかスパークリングワインでした。ターキッシュおしゃれ(๑╹ω╹๑ )

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113161516j:plain

ローマ〜イスタンブール間なのに、日本語が表示されます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113153059j:plain

たくさん映画ありますが、日本語の音声があるので大丈夫!


さて食事ですが、昼食が提供されます。

こんな短い路線でもシェフが同乗して給仕もしてくれます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113163134j:plain

笑顔をありがとうございます

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113163743j:plain

わあ〜(≧∇≦)美味しそうで声をあげてしまいます。

手前のお皿が前菜です。メインディッシュは後から選びます。
この前菜の4品がめちゃめちゃ美味しくて…(>人<;)

でも細かい料理名が不明なんです。

上のお皿は左からチーズ、きゅうりヨーグルト、デザートのホワイトショコラムースです。飲み物は白ワインをお願いしました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113165639j:plain

アルコールはANAの方がおいしいと思います

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113164406j:plain

前菜、なんの料理か分からないけど、とにかく美味しい!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113164637j:plain

これはナス料理。ただただ、美味しい!

メインディッシュは「ラムチョップ」「サーモンフィレ」「リガトーニ」の3つから選べます。私はサーモンを選びました。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113165244j:plain

サーモンふつうにおいしいんですが、前菜の方が美味しかったです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113170116j:plain

丸いパン、そのまま食べても美味しいんですが

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113212900j:plain

バターにつけて食べると泣けるほどオイシイ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191003151132j:plain

パンも熱々をシェフが持ってきてくれました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113213203j:plain

塩コショウもかわいい(*´꒳`*)


最後にコーヒーをいただきますが、これも立派なコーヒーポットやカップで淹れてくださいます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113171202j:plain

CAさんもみんなステキ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113171415j:plain

コーヒーに合うから、と勧められたロクムというお菓子。モチモチです


2時間半のフライトでこんなに素敵なおもてなしでした。

次のメキシコまでのフライトが楽しみです。だって15時間超えのフライトですよ!

イスタンブール新空港のラウンジも楽しみです(*´꒳`*)

ローマ・ フィウミチーノ空港プレミアムラウンジ  イタリアなのに、なぜ?

フィウミチーノ空港PREMIUM LOUNGEプレミアムラウンジ

私はローマからターキッシュエアラインでイスタンブールへ。息子はシンガポール航空で日本に帰ります。息子とはここでお別れです。

幸い2人ともターミナル3のゲートEから出発。ギリギリまで一緒にいられます。

が、私はビジネスクラスなのでラウンジを使えるため、息子を待たせて少しだけのぞいてみました( ・∇・)

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113090447j:plain

ターキッシュエアラインでチェックインする際に、航空券と別にラウンジを使えるチケットをいただきました。

PREMIUM LOUNGE(プレミアムラウンジ)というラウンジを使えるみたいです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113003641j:plain

ラウンジの入り口

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113003720j:plain

入ったらまずこんな感じ

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113003828j:plain

きれいだし、広いです

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113003917j:plain

私はこのあたりの席に座りました

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113004223j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113004256j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113004350j:plain

時間的に、朝食メニューが並んでいます。

ウナホテルでしっかり朝食を食べてきたのでお腹は空いてませんが、やっぱり味見をしてみたい。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113004542j:plain

少しだけ、とってきました

うーん…おいしいとは言えません…

卵や野菜は、まあ、見た目通りとして、ソーセージは安っぽい感じ。

ポテトは…どういうこと?一度調理したやつを古くなってからもう一度調理し直したような味。

そんなことある?

イタリアのあちこちで付け合わせのポテトを食べたけど、どこもとても美味しかった!ラウンジなのに、なんだ、この味は!!

 

息子はエジプトで合流する前に、このフィウミチーノ空港でトランジットで5時間ほど滞在しました。その時にお腹が空いたのでターミナル3でピザを食べたそうです。そのピザがショックを受けるほどまずかったらしい…

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113011157j:plain

7ユーロ(840円)した空港のピザ


窯焼きでないのに、生地が焦げてて硬い。生地がとにかくおいしくなかったそうです。ソースはただのケチャップで、チーズもひどく安っぽくて「イタリアなのに、ゲロマズ!」と息子はびっくりしたそうです(>人<;)

その話を聞いていたので、少し用心してたんですが、このプレミアムラウンジも食事に関しては「うーん…」という感じです。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113012018j:plain

カプチーノは美味しかったです!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113091213j:plain

バーテンダーがいて朝からでもカクテル等つくってくれます。有料です。カクテル等6ユーロ(720円)から(゚ω゚)



フィウミチーノ空港ターミナル3

きれいなターミナルです。素敵なお店もたくさん。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113012652j:plain

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113012712j:plain

ここに息子が座っています

2人ともEゲートで、自分たちの出発ゲートまで進みます。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113012841j:plain

私はこっち

私は右、息子は左、とついに別れるときがきました。

そのちょうどその真ん中にVenchiがあってびっくり。なんということ。

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113013105j:plain

私たち親子が通い詰めたVenchiが、この別れの場所に!

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113013221j:plain

いつも頼んでたジェラートは、3.6ユーロだったのにこの店は3.7ユーロでした。少しだけ空港価格?

f:id:Hedgehog-harinezumi:20191113091615j:plain

チョコレートもたくさん売られています。お土産にいいかも(*´꒳`*)

お互いのフライトの出発時間も近いので(近いのを選んだ)、Venchiの前で左右に分かれました。楽しい旅をありがとう。

ここから、またひとり旅に戻ります。